車のエクステリア特集

| 未分類 |

車のエクステリアデザインというのは、いくつかのカテゴリーに分けることができます。オーソドックスなセダンは4ドアにエンジンルーム、キャビン、トランクルームの三つからなっています。バランスよく3等分されているのが特徴です。セダンに対してトランクルームを伸ばして積載容量を増加させたのがワゴンになります。また、逆にキャビン部分を大きくしたのがワンボックスカーやミニバンです。さらに、悪路を走破するためにタイヤを大きくしたのがSUVで、スポーティでかっこ良さを追求したのがクーペです。デザインによって性格や作られた目的が違ってくるので、ニーズに合わせてデザインを選ぶ必要があります。本02
また、デザイナーの力によって、エクステリアの魅力は大きく変わります。一歩先を行くデザインを世に多く送り出しているのはイタリアで、ピニンファリーナのようなカロッツェリア と呼ばれるデザインを専門に扱っている会社が存在しています。そして、ジョルジェット・ジウジアーロのような世界的なカーデザイナーを何人も世に送り出しています。日本人は大胆なデザインを避ける傾向がありますが、没個性ではヨーロッパでは見向きももされないために、最近は大胆なデザインの採用も徐々に増えてきています。