ヘッドライトの役割

| 未分類 |

ヘッドライトとは、車の前面に装着されているライトのことをいいます。
このライトに使われる電球は、ハロゲンランプとキセノンライトの2つがあります。
ハロゲンランプとは、昔から使われている最もベーシックなタイプの電球です。
このハロゲンランプの光る原理とは、内部のフィラメントに通電し、これを白熱させた発光体を利用しています。
白熱電球と同じ原理ですが、白熱電球よりもフィラメントが白熱する際の温度が高いため、ハロゲンランプのほうがより明るく発光するようです。
発光体が熱を持つため、冬場などライトに付着した雪を溶かしてくれるメリットがあります。
一方キセノンライトとは、キセノンガスを封入したガラス管の中に電圧をかけ放電させることで光を得ることができます。
メリットとして、ハロゲンランプよりも消費電力が低くバッテリーなどへの負担も少なくなり、ハロゲンランプに比べて電球自体の寿命は格段に長いのが特徴です。
これらのライトは、暗くなった夜間の走行や雨、霧、雪などで視界が悪い際に、安全のためドライバーの視界を確保する大切な役割があります。
近くを照らすためのロービームと、遠くまで照らすためのハイビームがあり、その時々の状況に合わせて使い分けます。