メーターの役割

| 未分類 |

ひまわり車のメーターとは、車の内部に設置されている計測機器のことです。
車内計器や車内計測機器とも呼ばれています。

車内に計測機器を設置する目的は、車の状態を計測して知らせることにより、適切な運転を行えるようにしたり車の状態を正しく把握するためです。抽象的な情報や機械に詳しくない人の立場では計測が難しい情報も、数値や表示等で表現すればわかりやすく直感的な理解ができる利点があります。

計測機器で計測できる情報としては、車の状態に関することや車の管理に関することなどがあります。状態に関する計測表示としては、エンジンの回転数と走行スピードやエンジンの温度などの表示があります。管理に関する計測表示としては、ウォッシャー液の残量やシートベルトの装着やガソリンの残量などの表示があります。

これらの計測機器は車の状態や管理状況を表示するだけでなく、運転者の車の操作に合わせて表示を変化させたり、警告音などを発して危険や車の状態を知らせる機能も付いています。

計測機器の種類には、数値の変動に合わせて針が動くアナログ式のものと、電子機器で制御するデジタル方式のものがあります。
どちらの表示方式のものでも、役割や計測精度は同じです。