テールランプの役割

| 未分類 |

テールランプとは尾灯のことで、ブレーキランプと同様に自動車の後ろに付いています。
ブレーキランプが後続車に減速を知らせるのに対して、自動車の存在を知らせる役割を果たします。後続車にとって、ヘッドライトだけでは前方の自動車の存在は意外と分かりにくいものです。そこで、尾灯をつけることによって追突事故などを防ぐことができるのです。また、吹雪や濃霧など悪天候時にも、視認性を高めてくれます。安全運転のためにも、視界が悪いと感じたら尾灯を早めにつけるようにするといいでしょう。
尾灯は、ヘッドライトやポジションライトをオンにすれば自動で点灯します。反対に、ライトスイッチをオフすれば、尾灯も消灯する仕組みとなっています。なお、ブレーキランプと尾灯を兼用するものでは、減速時との区別がつきやすいよう、5倍以上明るく照らすように定められています。
また、尾灯の内側には反射板が付いています。後ろを走る自動車のヘッドライトに照らされると反射するため、夜間の駐停車時などでも自動車の存在を知らせる役割も持っています。
最近では、電球を長寿命のLEDランプに、あるいは外装の一部として尾灯のデザインをカスタマイズしている人も多く見られます。